冷凍果物・野菜レシピ開発講座、スタート!

うきはブランド推進課との共催事業である[冷凍果物・野菜レシピ開発講座]が、過日からスタートしました。今日はそちらの講座についてご紹介します!

o0720048013446780509

ご存じの通り、うきは市は農業が盛んです。雰囲気だけではなく数字の上でも明らかで、農林業従事者の比率は、全国平均の比率の実に4倍以上。最大の特色は、農業生産額に占める果実の役割が非常に高いということ。全国平均が8。8%に対して、うきは市は34.1%が果実です。

と、言う事は。

果実を使って新たに生業を起こせる人&生業を繁盛させる人を増やす事は、地域力の底上げにつながります。そのためには、「何を魅力として打ち出せば良いのか」・・・果実の魅力を知る事が第一歩です。

冷凍にする事のメリットは、保存性、「もったいない」分の換金化、飲食店・カフェにとっては地域産品として導入しやすい原材料である事などがあげられます。
「農業はじめました」な方や、「農家の嫁」な方、「これからもっと地元の食材を使ったメニュー作りをやっていきたい」な飲食店の方には、とても興味深い素材だと思います。

昨日は、第1回として商品開発に向けたアイデア出しの思考回路を作るためのワークショップが行われました。全回の講師をお引き受けいただいたのは、スイーツプランナー・山口真理さん。

o0720048013446780507

o0720048013446780508

うきはの果物の美味しさをどう発信するか・・・農業に携わる人、飲食業に携わる人、それぞれが「営業ツール」としても活用していける、「レシピ開発のための地力を身につける」ためのシリーズ講座・・・これからが楽しみです!