[暮らしのための整理収納・始末講座]受講生募集のお知らせ

昨年取り組み始めて、大変好評をいただいた、暮らしを整えるための講座です。「教養・健康講座」での取組みです。
昨今は「終活」が色々なところで取り上げられるようになってきました。「終」という字はありますが、「終わるため」ではなく、「この先の暮らしを安全に快適に暮らす」為にも、整理収納に取組み、暮らしを整える事はとても大切だと思います。日々に追われ、「まだ先のことだから・・・」とほったらかしでいると、気づいたら「何をどうして良いやらわからない」という状態になってしまうこと、ありませんか?

でも、「まだ先のこと」は「今日」や「明日」やってくるかもしれません。食べて、生活を回し、整えていく・・・ものが沢山あればあるほど、その繰りかえしに多くの時間と労力を割く事になってしまいます。気持ち良く過ごし、この先の暮らしでやりたい事をやる時間や余力が足らなくなってしまいます。元気なうちに暮らしを整えておけば、後々、自分で回しやすくなり、また、周りの方々からのサポートが入りやすくなったり、依頼しやすくなるのです。まずは自分の暮らしを明確にするため、みんなで一緒に整理収納を始めてみましょう!

今回も講師として指導していただくのは、整理収納コーディネーターとして久留米を中心に九州各地で活躍を続けておられる山田玲子さんです。元来、片づけが苦手だったという山田さんだからこそ、教えていただけるポイントが色々とあるのです。

前回教わった中で印象的な投げかけと例えば・・・「『いつか使うかもしれない』と思っていてずっと残しているものは、だいたい使いません!モノだったら、今現在使っていない、もうあまり好きではないものは、『持っていればいつかは』や『人からの頂き物を捨てるのは悪くて』と思っちゃうでしょう?大切に使いたい、好きだからいつでも・・・という気持ちがないものは、いつまで経っても出番は来ません!!それや・・・洋服だったらサイズアウトしていたり流行遅れになっているのに、『買ったとき、高かったからもったいなくて』『流行ってまわるから、またきっと着れると思うから~』といったケースも、よくある事ですが、今更肩パットがドーーーンとしている洋服を着ますか?着なません!お直しもしないでしょう?流行はまわると言いますが、ラインが変わっているから結局着ないんです!」

「フムフム、確かにそうです!」と深くうなづける、そして耳が痛くなる投げかけを沢山いただきました・・・。是非、大勢の皆さんにお話を聴いていただけたらと思っています。ご参加、お待ちしています!

日 時:5/16、5/30(火) 10:00~12:00
会 場:うきは市民センター・3F・会議室
(浮羽町朝田582-1 / 図書館の上のフロア)
講 師:山田 玲子さん(整理収納アドバイザー)
定 員:20組
参加費:300円
持参物:筆記用具
無料託児付です(事前予約が必要です)
お申込み・お問合せ・・・男女共同参画センター・だんだん(TEL:77-2661)