自分らしく、香りを楽しむ暮らし

雨降りが続いたあとの久しぶりの晴天の日、吉井町・Oliveの篠原さんを講師にお迎えし、アロマテラピー講座を開催しました。

アロマテラピーとは、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法。リラクゼーションやリフレッシュに役立てたり、身体や精神の不調を改善し、正常な健康を取り戻すために活用できるものです。

精油やアロマテラピーの研究が進んだ現在では、美容、健康の増進、リラクセーション、スポーツ、介護や医療、予防医学などでも活用されていて、基本的なルールさえ守れば、気軽にはじめることが出来るのだそうです。

さまざまなかたちで生活のなかに取り入れることができますが、今回はそれぞれお好みの、気になる精油を使った日焼け止め対策の化粧水とバスソルトを手作りしました。

そして、精油成分を鼻や口から吸入することで、呼吸器系の不調を緩和する「吸入法」もその場で教えていただきました。お湯に精油を1滴落とし、立ち上がる香気をゆっくりと感じながら、皆さんリフレッシュしていらっしゃいました。同じような使い方としては「フェイシャルスチーム」があるそうで、顔に精油成分を含んだ蒸気をあてることにより、血行を促進し、皮膚に潤いを与えてくれるそうです。

原液を皮膚につけない、精油を飲用したり目に入れない、子どもやペットが届かないところに保管するなど、気をつけなければいけない事もありますが、香りを取り入れることでリフレッシュ・リラックスできたら、自分らしい暮らしを楽しむ事もできそうですね。後期は11/8に開催予定です。秋から冬にマッチする香りはいったい何でしょう。ご興味をお持ちの方は、是非ご参加下さい。