「似合う」を知る~コーディネートの学び

先日、日田市のアトリエ・コンタン主宰の小川さんをお招きし、再就職・就業に向けた魅力アップのための「骨格でみるコーディネート講座」を開催しました。「骨格でみるコーデ???」という方もおられると思うのですが、カラーと同じくらい「第一印象」に影響するということで、受講生の方々も興味津々でした。

先生のお話をかいつまんで説明させていただきますと・・・人によって、骨格の大きさや長さなどが違いますね。そうすると、筋肉や脂肪のつき方などか違ってきます。また、体のバランスも人それぞれ。ボリュームが上半身に出る方、下半身に出る方、首や手足の長さや太さ、鎖骨や肩甲骨の出方など、身体の色々な部分が人によって異なります。「骨格」というその人なりの素材を軸に、似合うコーディネート、似合う素材を探していく事が、「自分に似合うコーディネートを知る=自分らしさを引き出す」事へつながるのだそうです。

人それぞれに、印象がUPするポイントが。洋服の素材、着丈、フィット感、ネックラインのデザイン、柄の大きさ、そしてベルトの位置や、靴のヒールの高さ、アクセサリーの長さやボリューム、素材感など、全てに「選ぶコツ」というか、ポイントがあるのだそうです。皆さんは、自分の「似合う」をご存知でしょうか?

とにかく、「骨格」だけでも3パターン。それぞれ色々なポイントがありました。熱心にホワイトボードを写している方も大勢いらっしゃいました。今までの「好きなのに、何故似合わないのだろう」や、「数はいっぱいあるけれど、どれを着たら良いかわからない」といった漠然としたもやもやを解決し、これからの洋服選びがスッキリする事で、再就職活動や次のステップへ向けて進んでいただけたら嬉しいです。

*図書館に配架されている「骨格×コーディネート」関係の本をご紹介しておきましょう。検索画面で現在の状況を調べる事ができます(⇒こちら

「本当に似合う服に出会える魔法のルール  骨格診断×パーソナルカラー 」(西東社)
「本当に似合うBestアイテム事典 骨格診断×パーソナルカラー」(西東社)
「わたしに似合う最強コーディネート 骨格診断×パーソナルカラー診断」(学研プラス)