「発達障害×片づけ」を考えよう講座(満員です)

募集は終了しました

開催日時:

2019年3月2日(土)14:00~15:30

定員:

20名

開催会場:

うきは市浮羽町朝田582-1 うきは市民センター・図書館3F大会議室


受講料:

200円

材料費:

講師:

ミニマリスト/やまぐちせいこさん

福岡県出身。夫・息子・娘とともに、現在は大分県で暮らす。「ミニマリスト、親の家を片づける」他著書多数。

内容:

ここのところ、「発達障害」について取り上げる媒体記事やTV番組が増えてきたように思います。生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさによって、社会生活に困難が発生する障害のことで、一見するとわからないので「見えにくい障害」とも言われています。子どもだけではなく、大人もその個性によって「困り事」を抱えている方が多いようです。

発達障害のある人が感じやすい「困りごと」にも、種類があります。「音」で疲れる聴覚過敏、「光」「色」がストレスのもとになりやすい「視覚過敏」、特定の臭いが苦手な「嗅覚過敏」、口の中の感覚が敏感すぎる「味覚過敏」、忘れることが多い、感情のコントロールが難しい・・・様々な困りごとが存在します。そして、「片付けや整理整頓が極端に苦手」という人もいます。
原因は、脳の実行機能の働きの問題だとも言われているのですが、外見からはわからずに周囲から注意され続けることで、更にストレスを感じる方もいます。一見するとわからない「見えにくい障害」がある上にストレス加重になるので、二次障害が起こることもあります。

片づけできるようになる方法を一緒に考えることで、「本人の困りこと解消」の他にそこに「家族全体の心地よい暮らし」が見えてくると思います。お子さんだけでなく、ご自身も何がしかの困りごとを感じている方は是非ご参加下さい。お待ちしています。

[ 講師  やまぐちせいこさんご紹介 ]

10回近くの引越しと、子供の発達障害の特性「片付けが苦手」などを経て、ミニマリストに。
ライフオーガナイザー®1級/整理収納アドバイザー1級/発達障害住環境サポーター。

※ミニマリストとは、生活の中で所有物を減らすことで豊かな生活を実践している方々を指す造語です。

[ やまぐちさんが執筆された書籍 ]

みんなの暮らし日記に執筆。

娘さんとのこれまでの歩みについてCHEER! daysインタビュー。

お申込み・お問い合わせ

うきは市男女共同参画センター・だんだん

〒839-1401 うきは市浮羽町朝田582-1

TEL:0943-77-2661(平日 9:00〜17:00)
FAX:0943-77-2681
(無料託児については、3開館日前までに要連絡)

*メール限定申込みの場合は下記のアドレスへ
E-mail:danjo@city.ukiha.lg.jp