食品加工を学ぶのだ講座・後期

募集は終了しました

開催日時:

2018年12月7日及び14日(金) 18:30~21:30

定員:

18名(うきは市内在住・在勤者/アルバイト・パート含)

開催会場:

うきは市浮羽町朝田562-11 御幸コミュニティセンター・調理室

受講料:

受講料(食材費含) 3,000円

材料費:

*受講料に含む

講師:

尾崎正利さん
~食彩工房たくみ代表~
農業大学校や農文協などの講師も務め、
食品加工・食品表示などに詳しい。

内容:

春の食材を使い、「一般流通に耐えうる食品加工」を学びます。


初冬、うきはの野菜・果物がわんさか出回る季節です。今年は秋に晴天が続いたこともあり、どれも美味しそうに育っていますね。けれどもそれに伴って、A品にならず、B・C品あるいは廃棄品になってしまう「もったいない農作物」も必ず出てきます。今年だけではなく、ある程度の量はどうしても避けられないのが現実だと思います。


そこで、「もったいない農産物」から「換金できる商品」を作り、安心してお客様にお出しできる加工方法を学びませんか?また、今回はそれに加えて地元産品を活かすという観点から、「味噌加工品作り」も1つ加わります。全国各地で「一般流通にのる【商品】としての食品加工」の技を伝える講師として活躍され、また、自社の加工所も営まれている「食品加工の伝道師」である尾崎正利さんを先生にお迎えします。いずれも「地元の産品を活かすためにどうすれば良いのか」「美味しい商品にするためにどうすれば良いのか」を実習形式で学びましょう。

「流通にのせたい」「我が農園の産品に+アルファしたい」「いただく農産物がもったいない、どうにかしたい」・・・色々なご希望をお持ちの皆さんのお申込みをお待ちしています。

*エプロン・三角巾・筆記具持参のこと

お申込み・お問い合わせ

うきは市男女共同参画センター・だんだん

〒839-1401 うきは市浮羽町朝田582-1

TEL:0943-77-2661(平日 9:00〜17:00)
FAX:0943-77-2681
(無料託児については、3開館日前までに要連絡)

*メール限定申込みの場合は下記のアドレスへ
E-mail:danjo@city.ukiha.lg.jp