「私たちの介護を考えよう」座談会開催します

開催日時:

2018年11月8日(木)18:30開場/19:00ー20:30座談会

開催会場:

MINOU BOOKS &CAFE うきは市吉井町1137

参加費:

500円

講師:

村瀬孝生さん

1964年島根県生まれ。東北福祉大学卒業後、福岡県内の特別養護老人ホームの生活指導員として8年間勤務。1996年から「第2宅老所よりあい」所長を務め、現在は「宅老所よりあい」代表。介護に関する著書多数(「おしっこの放物線」「おばあちゃんが、ぼけた。」「あきらめる勇気」「看取りケアの作法」「認知症をつくっているのは誰なのか」)。

=ともに話してくださる登壇者=

香月祥宏さん(うきは市在住。書評家・主夫。家族の介護を続けている。)
石井勇さん(うきは市在住。MINOU BOOKS&CAFE店主。介護経験は無い。)

内容:

「老いとつきあう居場所づくりって、何だろう?」
「看取り、寄りそうって、何だろう?」
ぼけることや死ぬこと、在宅と施設の介護。
高齢化が進むうきは市。人口が縮小していく中で、
村瀬さんを囲み「家族の老いとのつきあい方」を
みんなで話しましょう。

募集対象:市内在住&在勤者
募集人数:15名
無料託児:対応可能(但し、3開館日前までに要相談)
お申込み&お問合せ:うきは市男女共同参画センターへ(TEL77-2661/平日の9:00から17:00)
メールでのお申込み:danjo@city.ukiha.lg.jp

*「宅老所よりあい」については、ナナロク社から出版されている「へろへろ」でもその日々がつづられています。とにかく面白く、あっという間に読むことの出来る一冊です。一方で、お年寄りに「人間らしい生活」を送ってもらおうとする場合、現状では施設で働く方々に負担がかかるのだと実感。「人間らしい生活とは何だろう?」と改めて考えさせられました。

(なお、今回のイベント紹介は書籍中の言葉でお伝えしています。どうして村瀬さんがその言葉をお使いになっているのか、そうしたところも話題に出来たらと考えています。)

お申込み・お問い合わせ

うきは市男女共同参画センター・だんだん

〒839-1401 うきは市浮羽町朝田582-1

TEL:0943-77-2661(平日 9:00〜17:00)
FAX:0943-77-2681
(無料託児については、3開館日前までに要連絡)

*メール限定申込みの場合は下記のアドレスへ
E-mail:danjo@city.ukiha.lg.jp