【調剤事務講座】受講生募集

受講生募集中

開催日時:

2021年6月3日、6月10日、6月17日、6月24日、7月8日、7月15日 (木)10~16時(間に1時間休憩をはさみます)

定員:

12名 | 定員に到達次第締切 もしくは10日前に締切ります | 密閉・密集・密接の「三密」を避けて実施します。市内在住・在勤者優先ですが、定員に達しない場合、市外の方も受け付けます)

開催会場:

うきは市立図書館3F 大会議室
うきは市浮羽町朝田582-1

受講料:

4,600円(受講料 1,000円、教材費 3,600円)

※資格取得希望者は、技能審査試験を受講可能となります。従いまして、受講料3,000円が別途必要です(受験は任意です)。

材料費:

講師:

※外部講師により実施

内容:

病院や医院の事務などへ就職を希望される方で、未経験者の入門用におすすめの講座です。

医療事務の中心業務はレセプト(報酬明細書)の作成です。現場ではレセプト用コンピューターで処理することがほとんどですが、それでも医療に関する基本的な知識が求められます。高齢化が進む社会においては、今後も役立つであろう資格の1つです。

「もう仕事は実際にしているけれど、やっぱり資格もとりたい!」という方もふるってご参加下さい。

※事前に教材を手配しなければなりませんので、恐れ入りますがお早めににお申し込み下さい。
※持参するもの…筆記用具、電卓(スマホではなく、専用のものをご用意下さい)
※マスク着用必須。当日、来所前に必ず検温をして下さい。37.5℃以上の方はご欠席下さい。

  ※託児については、要相談となります(人数制限あります)。 新型コロナウィルス対策を実施しながらの開催となります。 祖父母様宅などの預け先のある方は、極力ご協力いただけますと幸いです。  

ママのためのリフレッシュタイム~子育てを頑張るママたちへエール!~

受講生募集中

開催日時:

1期:5/10(月)10~12時 親子フォト 
   5/17(月)10~12時 フットマッサージ
   5/24(月)10~12時 おしゃべり

2期:9/ 6 (月)10~12時 親子フォト
   9/13(月)10~12時 親子マッサージ
   9/27(月)10~12時 おしゃべり



定員:

1シリーズにつき5名

開催会場:

うきは市立図書館3F

受講料:

無料

材料費:

材料費300円実費負担(フットマッサージ、親子マッサージ)

講師:

■スマホで撮ろう!ママはフォトグラファーの全回
 Ponin 篠原明子さん

■フットマッサージ、子どもの靴選び、ハンドマッサージ
 Kalmia 東慶子さん

■親子ふれあいマッサージ
 Baby Steps Sammy 浅野亜沙美さん

内容:

2020年、私たちの暮らし方に大きな変化がありました。大切な人たちを守るための「新しい生活習慣」が続く日々、時には心身が苦しくなる、そんな日もあるのではないでしょうか?
そんな中で、子育て中のママたちは本当にいつも頑張っています。自分のことはついつい後回しにしがちだと思いますが、たまには自分をいたわったり、同じく子育てしているママたちとおしゃべりしたりする時間を持っていただけたら…と願っています。張りつめ過ぎず、自分を追い込み過ぎず、時には心と身体をゆるめましょう。ご参加、お待ちしています。

~~過去の受講生の声~~ 「子どもはかわいいけど、1日中誰とも会わない日も。そんな日が続くとしんどい。同世代のママ友、大人と話したい!」「自分のことは色々と後回しにしちゃうけど、癒されたい。」などの意見・感想をいただいて […]

短期集中!パソコンスキルアップ講座シリーズ

受講生募集中

開催日時:

【1】WORD講座 5/8~5/22(毎週土)14時~16時
【2】動画講座  6/5、6/12(毎週土)14時~16時
【3】EXCEL講座  7/3~7/17(毎週土)14時~16時

定員:

限定7名(PC貸出可能台数→5台まで)
※テキスト準備の都合上、それぞれの講座開講の2週間前に締切ります。その時点で定員以下の場合は、市外の方も受講可。
※ご自身のPCがある方はお持ち下さい
※テキスト入力(文字・記号・数字)、基本的なファイル操作やインストールが出来、これらについては指導が不要な方が対象です。

開催会場:

うきは市浮羽町朝田582-1
 うきは市民センター別館U-BiC2階

受講料:

各講座で500円

※テキスト代は実費負担になります。

材料費:

テキスト代実費

講師:

小林祐輔さん
1987年生まれ、神奈川県出身。システムエンジニアを経て、2020年4月よりフリーランス エンジニアとして活動開始。
うきは市内では「うきは観光ポータルサイト」の管理運営および開発、こども向けPC教室「うきはICT研究室」などに携わっている。

内容:

【1】WORD講座 定型フォームを使ったり、文章をきれいに整える術を身につけよう
【2】動画講座  動画配信ツールZOOMの使用方法を最初から学ぼう
【3】EXCEL講座 意味のあるデータを作ろう 計算式の導入や、グラフ作成等を身につけよう

「パソコンは自己流」だけれど、これからデスクワークにチャレンジしてみたい! 子どもにかかる手が少し離れてきたので、また仕事を始めてみたい! 仕事で使ってるけど、もう少しパソコンの仕事が出来るようになりたい! こうした皆さ […]

【中止】終活・家族信託講座

募集は終了しました

開催日時:

2021年1月23日 14:00(午後2時)スタート

定員:

限定10組

開催会場:

吉井町983-1 るり色ふるさと館

受講料:

無料

材料費:

講師:

FP事務所羅針盤 中山文江さん
(ファイナンシャルプランナー&社会保険労務士)

内容:

※新型コロナウィルスに関する緊急事態宣言発出により、中止致します。

「終活・家族信託講座」

近年、頻繁にテレビなどで取り上げられていることもあり、名前だけは知っている、聞いたことがあるという方が増えているように思いますが、実際に「家族信託制度」についてどれ位の方々がご存知でしょう?

仮に、親が認知症となったとします。そこから判断能力が低下すると、親の口座は凍結状態となって必要なお金が引き出せなくなります。または親の資産を活用し、介護施設への入所費用へ充当する…といったようなことも、例え子どもであっても行うことが出来なくなります。親が存命であったとしても、「判断能力無し」と見なされ、例えそれが「親の生活を支えるための支出」であったとしても、「財産が動かせなくなくなる」という状況が、親の老後を支える子の前に大きなハードルとなるのです。

そこで、認知症や諸々の病気で親の判断能力が低下する前に、家族信託を専門にしている弁護士や司法書士、行政書士、税理士などに依頼して、親の老後の暮らしを支えるために「家族が親の資産を運用出来るように契約で整える」方法が「家族信託制度」です。

ちなみに、障害を持つ子どもたちの「【親亡き後】問題」も実は深刻です。地域には、精神障害や発達障害、そして重い障害を抱えている子どももいます。自分一人で生活することについてはやはり困難な点が多々あります。そして地域によっては過疎化が進み、近隣に近しい親族がいないケースも想定されます。支え手である親当人たちが健康でいられる今のうちに、頼れる家族・親族と一緒に、「親の資産を使いながら、障害を持つ子の日々の生活を支えていく方策」を練っておく必要があります。

コロナ禍でなかなか家族が一同に集まって…という状況も当面難しいと思います。けれど、認知症については「我が親の通るであろう道」そして「私が通るかもしれぬ道」です。親の財産の話なので話題にしづらいかとは思いますが、いざ認知症になってからでは遅いのです。ぜひ親御さんの、そしてご自身のためにも「もしものために」の準備を考えられてはいかがでしょう。ご参加、お待ちしています。

※認知症になった後は「成年後見制度」しか取り交わすことが出来ません。後見人になるかは家庭裁判所により決定されますが、弁護士や司法書士など「第三者」がなることが専らです。また、後見人については変更が困難です。後見人に対する報酬は、管理する財産の額によって異なります。