輝くための楽しいクローゼット整理収納講座 ※終了 

募集は終了しました

開催日時:

【2日で1セット】

2020年8月29日(土)14:00~16:00
2020年9月05日(土)14:00~16:00

定員:

15名

開催会場:

吉井町983-1 るり色ふるさと館2F

受講料:

200円

材料費:

講師:

山田玲子さん

内容:

「整理収納」と聞いて、皆さんはどんなことを期待されますか?

整理収納には、3つの効果があると言われているそうです。時間的効果、経済的効果、そして精神的効果です。探すのに時間がかかってしまったり、似たようなモノを持っているのにいくつも買ってしまったり、モノを片づけねばとプレッシャーを感じたり…といった一連の負担感がなくなるということだと思います。

さらに、今の時期で考えると、コロナ禍を乗り切る為にも「衣類の衛生的な管理」はとても大切なことだと考えます。

自分たち自身はもちろんですが、例えばご高齢の方々、あるいは小さなお子さんたちがご家族の中にいらっしゃるという方は、「ウィズコロナでの生活」を上手に繰り回していくという視点から考えられたことはありますか?
「似合う」に特化することで、持ち物を減らし、「日々の衛生的なお手入れ」が行き届く様なクローゼットを目指しませんか?



【テーマ】

1日目:自分に似合う色、形を知る!
パーソナルカラーや骨格診断で楽しく色・柄・小物選び

2日目:似合うを知って楽しい収納
似合うを知れば、取り出しやすい楽しい収納が出来る!

今年は秋冬物への衣替えの準備をスタートする前に、ぜひ1度、見直して、すっきりとした整理収納を目指しましょう!

【医療事務講座】受講生募集

募集は終了しました

開催日時:

2020年8月20日~11月12日 | 初回のみ3時間  

⇒スタート日が後ろ倒しになりました。開催曜日に変更はありません。

9月17日は除きます。
毎週木曜日の実施となります。 
10~16時(間に1時間休憩をはさみます)

定員:

12名 | 8/9(土)締切 | 密閉・密集・密接の「三密」を避けて実施します。市内在住・在勤者優先ですが、定員に達しない場合、市外の方も受け付けます)

開催会場:

うきは市立図書館3F | うきは市浮羽町朝田582-1

受講料:

教材費含め16,000円

※資格取得希望者は、別エリアの会場にて別日に実施される「医療事務技能審査試験」を受講可能となります。従いまして、受講料7,700円が別途必要です(交通費等も個人負担となります)。

材料費:

講師:

※外部講師により実施

内容:

病院や医院の事務などへ就職を希望される方で、未経験者の入門用におすすめの講座です。

医療事務の中心業務はレセプト(報酬明細書)の作成です。現場ではレセプト用コンピューターで処理することがほとんどですが、それでも医療に関する基本的な知識が求められます。高齢化が進む社会においては、今後も役立つであろう資格の1つです。

「もう仕事は実際にしているけれど、やっぱり資格もとりたい!」という方もふるってご参加下さい。

※事前に教材を手配しなければなりませんので、恐れ入りますが7/20までにお申し込み下さい。
※持参するもの…筆記用具、電卓(スマホではなく、専用のものをご用意下さい)
※マスク着用必須。当日、来所前に必ず検温をして下さい。37.5℃以上の方はご欠席下さい。

  ※託児については、要相談となります(人数制限あります)。 祖父母様宅などの預け先のある方は、極力ご協力いただけますと幸いです。  

【延期】食品表示を学ぼう講座_個別無料相談会を開催!

募集は終了しました

開催日時:

※延期にともない、再度お知らせいたします。

定員:

最大20名まで

開催会場:

※延期にともない、再度お知らせいたします。

受講料:

無料

材料費:

講師:

尾崎 正利さん

職彩工房たくみ代表取締役。食品加工コンサルタント(農産加工の全国交流組織「加工ねっと」所属)、全国各地での食品加工講師、農水産加工の技術指導、商品開発、生産管理、食品表示など、職と食を繋ぐ取り組みを長年にわたり行っている。

※「職彩工房たくみ」は自社製品の製造や農家のジュース加工も受託されており、食品加工事業に携わる実践者でもいらっしゃるため、今回は個別商品を確認しつつのアドバイスをお願いしています。

内容:

*4/30の首相の緊急事態宣言延長表明を受けまして、
個別相談会の実施については延期させていただきます。
日程・会場等が決まりましたら、再度お知らせ致します。

新型コロナウィルス禍で忘れられがちですが、この4月から食品表示法が完全施行となっています。皆さん、ご存じでしょうか?主だったところとしては「栄養成分表示の全面義務化」「原材料と添加物の明確な区分」「アレルギー表示の徹底」などがあげられます。

今回の新型コロナウィルス禍の緊急事態宣言およびそれに伴う営業自粛要請で、数多くの飲食関連事業者の方々が新たな販売チャンネルを模索しておられます。うきは市内の色々な事業所さんも同様だと思います。そこで懸念されるのが、外販向けに展開していきたい商品に対し、正しい表示がなされるかどうかということです。表示を正しくしておけば、それ故に起こりうるトラブルを事前に防ぐことができるかもしれません。

そこで、今回は食品加工のプロである「職彩工房たくみ」代表の尾崎さんをお招きし、食品表示についての個別相談会を行うことにしました。「今の営業許可の範囲で可能な商品か」「裏面表示としてはあっているか」「加工方法が適切か」等々、おそらくそれぞれの事業者さんが不安に思いながら歩みを進めておられると思います。商品としての課題を抽出し、外販・流通へのせられる商品に育てるために、この個別相談会に参加していただければ…と思っています。



◇日程(1人につき20分程度|短時間ですが効果的な相談をしていただきたいと思いますので、該当商品をお持ち下さい) 14:00 14:20 14:40 15:00 15:40 16:00 16:20 17:00 17:20 […]

【新型コロナ|緊急事態宣言伴い延期】野草観察講座&ワークショップ

受講生募集中

開催日時:

※緊急事態宣言に伴い、延期となります。新しい日程が決まり次第、再度お知らせ致します→
2020年5月2日(土)10~13時(予定)

定員:

30名(原則、市内在住者及び在勤者の方が優先となりますが、市外の方も受け付けます。ご相談下さい。)

開催会場:

旧姫治小学校(浮羽町新川3934)
※JR久大線うきは駅より、国道210号線・県道106号線を使って車で20分程度。移動手段の無い方はご相談下さい。
⇒Google Map

受講料:

受講料TOTALで1,000円(材料費込)

材料費:

講師:

【 野草研究家 山下智道さん 】



「祖母が教えてくれたドクダミ茶、スギナ風呂、ヨモギ団子といった野草の効能をいかした伝統を守り、野草に親しむ暮らし方を復活させたい!」と、そのすばらしさを全国各地で伝える活動中。著書に「野草と暮らす365日」がある。

内容:

例えば、路傍に咲く四季折々の野花でハンドクリームが作れたら?例えば、あぜ道で元気にしているタンポポやスギナでお茶が作れたら?はたまたそれらを使って何か小さな商いが作れたら?…こうやって考えると、ワクワクしてきませんか?

今回は「ハーブ王子」こと野草研究家の山下智道さんをお迎えし、「うきはの野草・地の宝を見つけよう!」をテーマに「野草観察会&その時に摘んだ野草でクリーム作りのワークショップ」を行います。お父様が登山家という自然に親しい家庭に育ち、某TV局の野草山菜をテーマとした番組で優勝されたこともある山下さんと共に、色々なうきはの野草の魅力と出会いましょう!

※フィールドワークを行います。動きやすい汚れても良い服装・靴で参加をお願いします。歩くペースについてこれる方、となりますので、乳幼児を連れた参加はご遠慮下さい(託児については別途ご相談下さい)。

旧小学校周辺のフィールドへ出て、植物観察&採集をして… どんな効果が期待できるのか記録したり… 植物によってオイルに抽出するのか、水で抽出するのかが違います… ちなみに、今回は野草を使ったクリームを作ります。 ※新型コロ […]